FOLLOW US

ドログバ、以前にも対戦の英4部クラブを称賛「困難な相手」

シュルーズベリーが強敵だったと認めるドログバ(左) [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するコートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、キャピタル・ワン・カップ4回戦で対戦した4部所属のシュルーズベリーが強敵だったと認めている。クラブの公式HPが29日にコメントを伝えた。

 48分にドログバのゴールで先制したチェルシーは、77分に同点ゴールを許すも、81分にオウンゴールでスコアを2-1とし、5回戦進出を決めている。ドログバは、前所属のガラタサライで対戦した当時から、シュルーズベリーが「素晴らしい相手だった」と述べている。

「昨シーズン、ガラタサライにいたときに彼らとは親善試合で対戦したんだ。だから、彼らのことはすでに知っていた。彼らのパフォーマンスに驚くことはなかったよ。あの試合からさらに成長していたし、ファンも彼らを後押ししていた」

「難しいピッチだったし、難しい気候の中で素晴らしいチームと対戦した。彼らは全力を尽くしていたし、このステージに値していることを証明した。困難な相手だったよ」

「出場機会が多いわけではない選手にとっても、日曜にプレーしたばかりの選手にとっても、難しい試合だった。シュルーズベリーはハードワークを見せて、僕たちにプレッシャーをかけてきた。ただ、僕たちには経験があり、最終的に勝利を手にすることができたんだ」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO