FOLLOW US

11番を継承したヤヌザイ、ギグス氏の存在は「父親代わり」

今季から背番号「11」を着用しているマンUのMFヤヌザイ (C)ManUtd.jp

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、今シーズンから身につけている背番号「11」への想いを語った。クラブ公式HPが伝えている。

 背番号「11」は、現在同クラブのアシスタントコーチを務める元ウェールズ代表ライアン・ギグス氏が長年に渡り着用していたもの。ギグス氏は引退後、「欠番化は優れた選手が数多く誕生するユナイテッドには適さない。誰が受け継ぐのか楽しみだ」と語っていた。

 その背番号を継承したヤヌザイは、「名誉なことだ。とても大きな番号で、責任もある」と語ると、クラブから着用を提案されたときのことを振り返り、「即答で『イエス』と答えたよ。『ノー』という選択肢はなかった。何も考える必要はなかったよ」と当時の心境を明かした。

 ヤヌザイがギグス氏とトップチームでプレーしたのはわずか1年であったが、「多くのことを学んだ。彼の経験は偉大で、見ていて楽しいプレーをする選手だった」とコメント。さらに、「ライアンにはたくさん助けてもらっている。いつもフットボールについての話をしていて、僕にとっては父親代わりだ。本当に色んなことを教えてくれるんだ」と、今でも尊敬するレジェンドであると語った。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO