2014.10.29

復活に向け…バロテッリ、国内戦初ゴール喜ぶ「ついに決めたぜ!」

バロテッリ
国内戦初ゴールを決め、喜びのつぶやきを公開したバロテッリ(中央) [写真]=Liverpool FC via Getty Images)

 キャピタル・ワン・カップ4回戦が28日に行われ、リヴァプールスウォンジーとホームのアンフィールドで対戦。2-1で逆転勝利し、5回戦に進出した。この試合で同点ゴールを決め、チームの勝利に貢献したFWマリオ・バロテッリが、自身のツイッターを更新し、喜びをつぶやいた。同日付の大手メディア『ESPN』など各メディアがコメントを伝えている。

 今夏リヴァプールに加入したバロテッリは、プライベートでは度々紙面を飾るものの、ここまで公式戦11試合に出場し1得点、リーグ戦ではいまだノーゴールと精彩を欠いている。チームもリーグ戦では7位、チャンピオンズリーグ・グループステージでは3位と振るわず、同選手は批判の矢面に立たされている。

 厳しい状況で迎えた同試合で、ベンチスタートのバロテッリは、0-1とスウォンジーにリードされる場面で途中出場。すると直後にFWファビオ・ボリーニのクロスを左足で合わせ、見事に期待に応えてみせた。チームも、アディショナルタイムにクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンのゴールで逆転し、復調に向けて大きな勝利となった。

 試合後、バロテッリは自身のツイッターで「ついに(決めたぜ)!」と、うれし泣きをする絵文字とともにつぶやき、喜びを表した。このつぶやきは瞬く間に拡散され、29日午後の時点で約3万5000リツイートを記録している。

 先日、イギリス・ブックメーカー『パディ・パワー』社が、ホームスタジアム敷地内に、バロテッリのユニフォームとリヴァプールに所属した名選手のユニフォームを無料で替えられる交換所を設置するなど、サポーターからの支持率は急落している。今回の得点で勢いを取り戻しゴールを量産できるのか、今後もバロテッリのプレーから目が離せない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る