2014.10.28

チェルシーGKクルトワ、ドローのマンU戦は「勝つべき試合」

クルトワ
マンU戦の引き分けを悔やむクルトワ [写真]=Getty Images

 チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、26日に行われたプレミアリーグ第9節マンチェスター・U戦の結果に落胆している。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 チェルシーは敵地でマンチェスター・Uと対戦し、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバのゴールで先制しながら、試合終了間際にオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーに同点弾を決められ、1-1で引き分けた。

 クルトワは、チェルシーが2位のサウサンプトンに勝ち点4差、3位のマンチェスター・Cに対して同6差をつけて首位に立っている現状に満足していることを明かした。しかし一方で、マンチェスター・U戦は勝たなければいけない試合だったと感じているようだ。

「良いプレーを見せていただけに、勝つことができずに残念に思っているよ。ただ、ここまでを振り返ると良いスタートを切ったと思う」

「9試合を終えて、2位のサウサンプトンに4ポイント差、3位のマンチェスター・Cに6ポイント差をつけて僕たちがトップに立っていると(シーズンが始まる段階で)言われたら、僕たちはそれを受け入れただろう、ただ、この試合には勝つべきだった。だから、残念だよ」

 それでもクルトワは、残りの試合に目を向けた場合、今回のマンチェスター・U戦や第5節のマンチェスター・C戦で敵地から勝ち点1を奪えたことは満足できる結果だと考えている。

「それでも、まだ29試合が残っている。シーズンは長いんだ。でも、僕たちはすでにマンチェスター・Cやマンチェスター・Uとアウェーで対戦した。そして、良い結果を残している」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る