2014.10.28

マンUと引き分け…チェルシーのF・ルイス「誇りに思わなければ」

フィリペ・ルイス
マンU戦を振り返ったフィリペ・ルイス(右) [写真]=Man Utd via Getty Images

 チェルシーのブラジル代表DFフィリペ・ルイスが、26日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・U戦を振り返り、引き分けを前向きに捉えていることを明かした。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 敵地でマンチェスター・Uと対戦したチェルシーは、53分に元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバのゴールで先制する。しかし、試合終了間際にオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーに同点弾を決められ、1-1の引き分けに終わった。

 フィリペ・ルイスは、試合をコントロールしていただけに勝利するチャンスがあったと主張。しかし敵地で負けなかったことが重要だと語った。

「僕たちは見事なプレーを見せたね。後半は試合をコントロールしていた。相手がああいった形(アディショナルタイムのゴール)で得点を決めた場合はこたえるね」

「でも、彼らは自分たちのホームで勝ち点1を獲得して喜んでいるわけだから、僕たちとしては誇りに思わなければならない。僕たちは負けていないし、チームは成長し続けている。この状態を維持しなければいけないね」

「勝つことができたと感じている。得点チャンスは何度もあったし、ボールを持った時は良いコンビネーションを披露していた。試合終了間際に相手はセットプレーで得点した。だけど、それがフットボール。そういうことが起こるものなんだよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る