2014.10.27

エヴァートン指揮官、2得点のエトオを称賛「オールラウンドな貢献」

エトー
2得点を挙げたエトー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンは26日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦して3-1で勝利した。エヴァートンのロベルト・マルティネス監督は、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオのパフォーマンスを称賛。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 敵地に乗り込んだエヴァートンは、4分にエトオのゴールで先制に成功。一度は同点とされたが、29分にベルギー代表FWロメル・ルカクが勝ち越し点を奪うと、86分にはエトオがチーム3点目を決め、エヴァートンが快勝した。

 マルティネス監督は、2得点を奪ってチームを勝利に導いたエトオの活躍に満足感を示した。また、経験豊富なエトオがチームにあらゆるものをもたらしていると称賛している。

「誰もがサミュエルのゴールについて話をしている。彼は素晴らしいフィニッシャーだが、監督としてはオールラウンドな貢献に満足している。攻撃面だけでなく守備面でも大きく貢献してくれたね。統率の取れた守り方をしてくれた。彼ほどの経験豊富な選手は多くのものをもたらせてくれる」

「ピッチ内だけでなくドレッシングルームでも若い選手たちの良い見本となっている。彼のパフォーマンスを誇りに思うよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る