2014.10.27

マンU指揮官、チェルシーと劇的ドローも「結果には満足していない」

ファン・ハール
ピッチを見つめるファン・ハール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督が、26日に行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦を振り返った。プレミアリーグの公式サイトがコメントを伝えている。

 ホームに首位のチェルシーを迎えたマンチェスター・Uは、スコアレスのまま迎えた53分に元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバにゴールを許したものの、後半アディショナルタイムにオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーのゴールが生まれ、同点に。1-1で引き分け、勝ち点1を手にしている。

 ファン・ハール監督は今回の結果に不満を示しながらも、最後まで戦い続けた選手たちの働きを称賛した。

「ベストなパフォーマンスではなかったし、結果には満足していない。勝たなければいけない試合だったと、選手たちには伝えたよ」

「しかし、我々はチェルシーよりも多くのチャンスを作り出した。チェルシーが前半に得たチャンスは1度だけだったし、ゴールの直前にあった(エデン)アザールの得点機では、(ダビド)デ・ヘアがファンタスティックなセーブをみせてくれた。しかし、我々の連係不足により、CKから先制を許してしまったんだ。このような試合では、そういった部分で差が生まれる」

「先制を許した後の10~15分間は彼らのペースだったし、彼らが追加点を奪う可能性もあった。チェルシーはピッチをワイドに使って我々を走らせ、ボールを保持することで試合を終わらせようとしていたね。しかし、私の選手たちは懸命に走り、最後まで諦めずに戦い続けたんだ。その結果、得点を奪うことができた。選手たちの働きに値するゴールだったと思っている」

「我々は多くのチャンスを作り出したが、フィニッシュの精度が良くなかった。ハーフタイムまでに試合を決めることもできたが、それができなかったんだ。チェルシーは試合を殺すことに関してヨーロッパ屈指のクラブだが、我々はいくつかのチャンスを作り出し、ゴールを奪うことに成功した」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る