2014.10.27

リヴァプールFWランバート、ハル戦での無得点に「イライラする」

ランバート
ハル戦に途中出場したランバート(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプールのイングランド代表FWリッキー・ランバートが、無得点に終わったハル戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 25日に行われたプレミアリーグ第9節でアンフィールドにハル・シティを迎えたリヴァプールは、最後まで得点を奪えず、試合は0-0で終了。勝ち点1の獲得に留まっている。

 61分からピッチに立ったランバートは、チームが最後まで得点を目指して戦ったことを強調。しかし、結果としてドローに終わったことに苛立ちを隠せないようだ。

「僕たちは得点を目指して前進し続けたけど、それは生まれなかった。ハルを称えよう。決定的な場面での彼らのタックルのいくつかは、僕がこれまで見た中でも最高の部類だった」

「チャンスの時に得点できなかったことは不運だった。僕たちのプレーは1得点に値していたし、得点できなくてイライラしたよ。僕は自分のチャンスを待っていた。決勝点を決めることを考えていたんだ」

「それはできなかったけど、貢献することはできたと思いたい。僕たちは得点を追い求め続けたし、チャンスは作った。それを決めることができなかっただけなんだ。それはイライラすることだよね」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る