FOLLOW US

リヴァプールのシュクルテル、ハル戦のドローは「満足していない」

ハル戦を振り返ったシュクルテル [写真]=Getty Images

 リヴァプールのスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルが、ハル戦でのスコアレスドローに不満を示した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 25日に行われたプレミアリーグ第9節でアンフィールドにハルを迎えたリヴァプールは、得点を奪えずに0-0で引き分け、リーグ戦での連勝は2でストップした。

 シュクルテルは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節レアル・マドリード戦での0-3の完敗を払拭する試合にしたかったと明かし、結果に満足していないと語った。

「レアル・マドリード戦の後で、勝ち点3を獲得したかった。でも、不運にも僕たちは1得点を決めることができずに引き分けてしまった。それでは十分ではないし、僕たちは満足していないよ」

「ハルは良いプレーを見せているから、この試合がタフなものになるとわかっていた。彼らは(18日のプレミアリーグ第8節)アーセナル戦で(2-2で引き分けて勝ち点を)1ポイント獲得していたから、彼らの守備が優れていることはわかっていた。そして、彼らは再びそれを証明した。僕たちは自分たちのプレーを披露しようと試みたし、ボールを回してチャンスを作った。それでも、そのチャンスを掴むことができなかった」

 チャンスを作りながらゴールを奪えなかった攻撃に関しては不満を示す一方で、無失点に抑えることができた守備には一定の評価を下している。

「無失点で試合を終えたことは良いことだ。僕たちの守備に対しては多くの批判が存在していたからね。無失点は僕たちにとっては小さなプラスだよ」

(記事/超ワールドサッカー)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA