FOLLOW US

マンUへの適応に苦しむルーク・ショー「まだ最高の僕じゃない」

今夏にマンチェスター・Uに加入したルーク・ショー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFルーク・ショーは今シーズン、満足なパフォーマンスを披露できていないことを認めていると、イギリス紙『インデペンデント』が報じた。

 今夏の移籍市場で、DF吉田麻也が所属するサウサンプトンから2700万ポンド(約46億円)でマンチェスター・Uに加入したショー。しかし、けがでシーズンの開幕に出遅れるなど、プレミアリーグ8試合を終えた時点では周囲を納得させるパフォーマンスを披露できていない。特に、イギリス紙『ミラー』が掲載した20日のプレミアリーグ第8節、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦の前半45分間では、タックル0回、クリア0回、インターセプト0回、ボール奪取0回、ボールロスト9回といった低調なスタッツを残してしまった。

 ショーは、移籍金に見合った活躍を見せることができていないという周囲の懐疑的な声に以下のように答えた。

「多くの人は、まだ最高の僕を見ていない。僕は自分の実力をまだ完全に示していないんだ。今、僕は懸命にハードワークしている。全ての環境に慣れる必要がある」

「このようなビッグクラブにやってきたとき、僕のような若い選手が適応するのは簡単じゃない。だけど、今は自分を見つめ直して、良いパフォーマンスを披露していきたいと思っている」

マンチェスター・Uに来ることに恐れはなかった。ここでプレーできる自信があったからね。クラブからも何を求められているか知っている。今はハードワークしているし、これからパフォーマンスがついてくると思う」

 またショーは、10月のインターナショナルウィークでU-21イングランド代表に選出され、U-21欧州選手権の予選プレーオフで、U-21クロアチア代表戦との2連戦(10日と14日に開催)に臨んだ。この2試合にフル出場したことで、ショーはコンディションが上がってきていると感じているようだ。

「僕の助けになったね。2試合とも90分間プレーできたことはフィットネスを上げるために重要なことだ。今は調子が良いと思っている。とはいえ、最近の試合ではベストなプレーができなかったけどね」

 現在6位のマンチェスター・Uは、26日に行われるプレミアリーグ第9節で無敗を維持して首位に立つチェルシーと対戦する。果たしてショーは、このビッグマッチで周囲の声を払拭するパフォーマンスを披露できるだろうか。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO