FOLLOW US

後半ATに3点が入る乱戦…リヴァプールがQPRに競り勝つ

リヴァプールがQPRに競り勝った [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第8節が19日に行われ、QPRとリヴァプールが対戦した。

 リーグ戦7試合を終えて3勝1分け3敗と波に乗れないリヴァプールは、スティーヴン・ジェラードやラヒム・スターリング、マリオ・バロテッリらが先発出場。敵地での勝利を目指した。

 スコアが動いたのは67分。リヴァプールが2選手同時交代を敢行した直後だった。右サイドで得たFKをすばやく始めると、オーバーラップしたグレン・ジョンソンが上げたクロスをQPRのリチャード・ダンがクリアしきれず、ボールがゴールに吸い込まれた。オウンゴールでリヴァプールが先制した。

 敵地で先制したリヴァプールは、1点リードのまま終盤へ。完封勝利目前と思われたが、87分に同点に追いつかれる。FKのこぼれ球からサイドに展開され、中央へクロスを上げられると、最後は頭での折り返しをエドゥアルド・バルガスに押し込まれた。

 終了間際に追いつかれたリヴァプール。しかし直後、カウンターから左サイドに展開すると、フィリペ・コウチーニョがドリブルでのカットインから右足シュートをゴール右隅へ決め、再び勝ち越しに成功する。記録は90分だった。

 それでも試合は決着がつかない。後半アディショナルタイム2分、QPRは左CKからエドゥアルド・バルガスがニアサイドでヘディングシュート。GKシモン・ミニョレが必死で弾き出したもののゴールラインを割り、2-2の同点となった。

 劇的にスコアが動く展開のなか、決勝点はアディショナルタイム5分に生まれた。スルーパスに反応したラヒム・スターリングがペナルティーエリア左側から中央へ折り返すと、カバーに入っていたスティーヴン・コーカーの足に当たったボールがゴールへ転がり込む。QPRは2回目のオウンゴール献上となった。

 試合は3-2で終了。後半アディショナルタイムに計3点が記録される乱戦は、アウェーのリヴァプールの勝利となった。

【スコア】
QPR 2-3 リヴァプール

【得点者】
0-1 67分 オウンゴール(QPR、リチャード・ダン)
1-1 87分 エドゥアルド・バルガス(QPR)
1-2 90分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
2-2 90+3分 エドゥアルド・バルガス(QPR)
2-3 90+5分 オウンゴール(QPR、スティーヴン・コーカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO