2014.10.19

首位チェルシー、開幕8戦無敗…敵地でクリスタル・パレス撃破

決勝点を決めたセスク [写真]=Getty Images

 チェルシーは18日、プレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスとのアウェーゲームに臨み、2-1で勝利を収めた。

 チェルシーは前節、アーセナルとの“ビッグロンドン・ダービー”で2-0と快勝した。今節はアーセナル戦の先発から2選手を変更。これまで1トップのファーストチョイスとして起用され続けてきたジエゴ・コスタがベンチ外となり、ロイク・レミーをスターティングメンバーに抜擢した。

 チェルシーは立ち上がり、ボックス手前まで持ち上がったネマニャ・マティッチがシュートを放つなど積極性を見せる。すると6分、チェルシーはゴール前でウィリアンが獲得した直接FKのチャンスから先制する。このキッカーに名乗りを上げたオスカルが右足で放ったシュートがゴール左上に突き刺さった。

 幸先良く先制したチェルシーは、その勢いのままにボールを保持してクリスタル・パレスを押し込む。だが、1トップのフレイザー・キャンベル以外のフィールドプレーヤーが帰陣して守備ブロックを形成する相手に対し、チェルシーのアタッカー陣は崩しの部分で策を見いだせず、攻撃が停滞する。

 前半の終盤を迎えた試合のリズムは、徐々にクリスタル・パレスに傾き、チェルシーが守勢を強いられる展開となる。すると40分、チェルシーは自陣中央でミル・ジェディナクに対し、足裏でのタックルを敢行したセサル・アスピリクエタがレッドカードで退場。数的不利の窮地に立たされてしまう。

 それでも、44分にはクリスタル・パレスにも序盤から球際で激しさを見せていたダミアン・デラニーがこの日2枚目のイエローカードで退場。前半から大荒れの展開となった試合は、チェルシーがオスカルの挙げた1点のリードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入った試合は、前半と同様にボール保持率で優位に立つチェルシーのペースで進む。すると51分、チェルシーはセスク・ファブレガスが味方2人との連続したパスアンドムーブで相手ディフェンスを崩してボックス左に侵入。ボックス左にフリーで抜けだしたセスクが右足で放ったシュートをゴール右隅に沈めた。

 2点目を奪ったことで試合の流れを完全に引き寄せたチェルシーは、その後もクリスタル・パレスを攻め立てていく。74分にエデン・アザールが個人技からシュートを放てば、そのわずか1分後にはボックス右に侵攻したオスカルがゴールを狙ったが、いずれのシーンも3点目とはならない。

 2点をリードして後半の終盤を迎えたチェルシーは、なんとか一矢を報いたいクリスタルパレスに終了間際に1点を返されるも、それ以上の反撃を許さずに試合終了。格下からきっちりと勝ち点3を手にしたチェルシーが、首位キープに成功している。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
チェルシー 2-1 クリスタル・パレス

【得点者】
6分 1-0 オスカル(チェルシー)
51分 2-0 セスク・ファブレガス(チェルシー)
90分 2-1 フレイザー・キャンベル(クリスタル・パレス)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る