2014.10.17

リヴァプール、来年1月にPSGのFWラベッシを獲得か…英紙報道

ラベッシ
リヴァプールからの関心が噂されるラベッシ [写真]=Getty Images

 リヴァプールは、今冬の移籍市場でパリSGに所属するアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシの獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

 今夏の移籍市場でウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナへ移籍したリヴァプールは、同選手の代役として、ミランからイタリア代表FWマリオ・バロテッリ、サウサンプトンからイングランド代表FWリッキー・ランバートを獲得した。

 しかし同紙によれば、ブレンダン・ロジャーズ監督は両選手のここまでの働きぶりに満足しておらず、来年1月にラベッシを獲得したい意向を示しているようだ。一方、ラベッシに関しては、パリSG側も放出を容認しているとし、リヴァプールのほかにもアトレティコ・マドリードやインテルも獲得に興味を示していると報じている。

 ラベッシは、2012年夏にナポリからパリSGに移籍し、昨シーズンのリーグ・アンでは32試合で9得点をマーク。しかし、今シーズンは第9節終了時点でリーグ戦5試合に出場し、ノーゴールと不振に陥っている。

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング