2014.10.11

マンU&チェルシー、エヴァートンDFコールマンの獲得を画策か

ヴォルフスブルク戦でプレーするコールマン(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uとチェルシーが、来年1月の移籍市場でエヴァートンに所属するアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの獲得を画策しているようだ。イギリス紙『エクスプレス』が、10日に伝えている。

 同紙は、マンチェスター・Uとチェルシーがコールマン獲得に向けて、互いに移籍金2000万ポンド(約34億6000万円)を準備していると主張。しかし、エヴァートンを率いるロベルト・マルティネス監督は2019年まで現行契約を残しているコールマンの残留を強く希望しており、1月に移籍する可能性は低いとも伝えている。

 イングランドのビッグクラブからの関心が明るみとなったコールマンは、2009年の夏に地元スコットランドのスライゴ・ローヴァーズFCからエヴァートンに移籍。加入後は攻撃的な右サイドバックとして不動の地位を確立し、在籍5シーズンでリーグ戦148試合に出場して16ゴール15アシストを記録している。

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング