FOLLOW US

アーセナルを完封…チェルシーのテリーが自信「守備は安定している」

アーセナルのカソルラ(下)と競り合うテリー(上) [写真]=Getty Images

 チェルシーの元イングランド代表DFジョン・テリーが、チームの守備の安定に自信を示した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 チェルシーは5日、プレミアリーグ第7節でアーセナルと対戦。ロンドンのライバルとの一戦は、ベルギー代表MFエデン・アザールとスペイン代表FWジエゴ・コスタの得点により、2-0の快勝に終わった。

 同試合では、ベルギー代表GKティボー・クルトワがアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスと交錯。A・サンチェスのひざがクルトワの頭を直撃し、24分にチェコ代表GKペトル・チェフとの交代を余儀なくされた。

 テリーはアーセナル戦を振り返り、不測の事態が起きながらも、完封勝利を収めたことに満足感を示した。

「良い勝利だったし、良いパフォーマンスだったね。本当に優れたチームとの対戦だったけど、僕たちには全てがあったんだ。ピート(チェフ)は途中から入ったけど、とても良かったね。そのことは僕たちの選手層の厚さを示している」

「このリーグではあらゆるチームがどんなチームともしっかり戦うことができる。それに、あらゆるチームが失点している。それはプレミアリーグのクオリティが毎シーズン高くなっているからだ」

「重要なことは、多く失点しないようにしながら得点するように前線に出ることだ。今シーズンは、少し攻撃的かもしれない。ただ、今はいくつかの試合を無失点で終えているし、守備面はとても安定しているよ」

(記事/超ワールドサッカー)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO