2014.10.06

完敗のヴェンゲル監督、モウリーニョとの口論には「話すことはない」

ヴェンゲル
試合中にモウリーニョ監督(右)と口論するヴェンゲル監督(左) [写真]=Getty Images

 アーセナルは5日、プレミアリーグ第7節でチェルシーとの“ビッグ・ロンドン・ダービー”を戦い、0-2で敗れた。試合後、同クラブを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、ピッチサイドで起こしたジョゼ・モウリーニョ監督との小競り合いについての言及を避けた。大手メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 20分過ぎにチェルシーのイングランド代表DFガリー・ケーヒルがアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに危険なタックルを見舞ったことに関して、ヴェンゲル監督はピッチサイドでモウリーニョ監督と激しく口論。テレビの中継映像には、ヴェンゲル監督がモウリーニョ監督の胸を突き飛ばす場面も映されていた。

 試合後のインタビューで、当該場面についての質問を受けたヴェンゲル監督は、以下のように返答している。

「あなた方は良いカメラを持っている。私はあの場面で何が起こったのかを確認しにいっただけだ。それ以外に話すことはない」

 また、ヴェンゲル監督はチェルシーの“財力”が試合の結果に大きな影響を与えたと主張している。

「私の考えでは今日の試合は非常にイーブンなものだった。ただ、我々にとっていくつか不運なことがあった。また、結局のところ、彼らには“財力”がある。彼らはチャンスの場面でそれを非常に効率的に利用した。彼らには(エデン)アザールや(ジエゴ)コスタといった、個人で違いを生み出せるプレーヤーがいる」

 この敗戦でチェルシーとの勝ち点差が9ポイントに広がることとなったが、ヴェンゲル監督は今後の巻き返しを誓った。

「(9ポイントの差について)もちろん、それは大きい。だが、我々はトップに返り咲くために今後も戦い続けるつもりだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る