2014.10.05

古巣との一戦控えるセスク…指揮官「すでにチェルシーを愛している」

ジョゼ・モウリーニョ
ウォーキングをするモウリーニョ監督(左)とセスク(右)[写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、今夏の移籍市場でスペイン代表MFセスク・ファブレガスを獲得した理由を明かした。クラブ公式サイトは4日、プレミアリーグ第7節でアーセナルとのダービーマッチを控えるモウリーニョ監督のコメントを伝えている。

 チェルシーは今夏の移籍市場で、アトレティコ・マドリードからスペイン代表FWジエゴ・コスタとブラジル代表DFフィリペ・ルイス、バルセロナからセスクを引き入れるなど、適材適所な補強を行い、チームの戦力底上げに成功。ここまでのリーグ戦6試合を5勝1分で首位を走るチェルシーは、5日にセスクの古巣であるアーセナルと対戦する。モウリーニョ監督は古巣と対戦を控えるセスクについて、すでにチェルシーの哲学に順応しているとの考えを明かしている。

「彼はイングランドで作られた選手。イングランドフットボールの中で何年もプレーしてきたし、それはプラスになることだ。適応するための時間を必要としないわけだから、我々は彼が完璧にフィットすると知っていた。そのため、懸命に働いて彼を獲得した」

「私は彼がすでにチェルシーを愛していると思う。彼にこの移籍を後悔しているか尋ねたら、ノーと言うだろう。異なる選択を下すことがあったか尋ねたら、ノーと言うだろう。彼にこれから5年に渡って自分がいる場所はどこか尋ねたら、チェルシーだと言うだろう。彼は完璧にチェルシーに自身をゆだねている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る