FOLLOW US

チェルシー戦控えるヴェンゲル、昨季の6失点を回想「恐ろしい日」

アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、5日に行われるプレミアリーグ第7節のチェルシー戦を前に、昨シーズンの大敗を振り返った。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 昨シーズンのプレミアリーグで、アウェーのチェルシー戦に臨んだアーセナルは0-6で敗戦。ヴェンゲル監督がチームを率いて1000試合目というメモリアルマッチで悪夢を見た。

 再びチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジを訪れるヴェンゲル監督は「悪い日ではない。恐ろしい日だった。大きな、とても大きな失望があった」と、当時の試合を回想した。

 その一方で、ヴェンゲル監督は「その後の戦いで我々は自分たちの力を示した。非常に誇らしかった」とコメント。また、4日の試合に向けては「正しい結果を得る機会がある。このチャンスを生かすことができると確信しているよ」と述べ、勝利に向けて意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO