2014.10.04

コンパニが優勝争いに言及「チェルシーだけを意識することはない」

コンパニ
プレミアの優勝争いに言及したマンCのコンパニ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが、プレミアリーグの優勝争いに言及。タイトルレースの行方は「最後までわからない」との見解を示した。大手メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 6試合を終えたプレミアリーグは、5勝1分けと無敗を維持するチェルシーが首位に立っている。一方のマンチェスター・Cは、3勝2分1敗で3位につけており、両チームの勝ち点差は5ポイントとなっている。

 徐々に差が開きつつある両チームだが、コンパニは過去の経験を引き合いに出し、プレミアリーグの優勝争いは最後まで何が起こるかわからないとの考えを示した。

「個人的にチェルシーだけを意識するようなことはない。僕たちがリーグ優勝を達成した2012年は、残り6、7試合で9ポイントもの差があったんだ」

「昨シーズンは序盤からアーセナルがリードしていた。2月までは彼らが首位だったけれど、結局はリヴァプールと僕たちが優勝争いを演じた。だから今はチェルシーが首位にいるけれど、それほど意識して戦うことはないよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る