FOLLOW US

相手の同点弾を称えるジェラード「キャリアで一度あるかないか」

直接FKを叩き込んだジェラード [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールの元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードは、前を向くことの重要性を口にしている。クラブ公式サイトがキャプテンのコメントを掲載した。

 リヴァプールは27日、プレミアリーグ第6節でエヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”を戦い、1-1の引き分けに終わった。ジェラードの直接FKで先制点を奪ったリヴァプールだったが、試合終了間際にイングランド代表DFフィル・ジャギエルカにゴールを許して、目前で勝利を逃した。

 ジェラードは、最後の失点場面については相手が素晴らしいパフォーマンスを見せたと認めている。一方でチームのパフォーマンスが改善されていると主張し、今後もさらなる成長を続けることが大事だと語った。

「パフォーマンスに関しては、大きく改善されたと思う。試合前の僕たちはボールがあるところでもないところでも、激しさが必要だった。今日は全てのことをやったと思う」

「ジャギエルカを称えよう。あれは素晴らしいゴールだった。あれはキャリアで一度あるかないかのゴールだ。でも、チャンスは多かったし、90分を通して考えると、勝ち点3を獲得できなかったことは残念だ」

「僕たちはより良くなる必要がある。そのことはわかっている。僕たちが求めていたようなシーズンスタートではなかったけど、ここでは多くの変化があったんだ。僕たちは良くなる必要があるし、それはすぐに起こるよ」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO