FOLLOW US

トッテナム指揮官、ダービーでドローも「我々にとって良い結果」

チームを鼓舞するポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、27日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦を振り返り、ドローは妥当な結果だとの認識を示した。イギリスメディア『スカイスポーツ』がトッテナム指揮官のコメントを伝えている。

 アウェーでの“ノース・ロンドン・ダービー”に臨んだトッテナムは、ゴールレスで迎えた56分にベルギー代表MFナセル・シャドリのゴールで先制に成功する。しかし74分にイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンに同点弾を許して勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 ポチェッティーノ監督は、先制しながらも追いつかれた試合について、アーセナルを相手に勝ち点1を獲得できたことは「良い結果」だとして次のように語った。

「我々にとっては良い結果だ。アーセナルが試合をコントロールしてポゼッションも高かった。そんな中でも我々はコンパクトな陣形を保ち、決定機を生かした。難しい試合だったが、選手たちのパフォーマンスには満足している」

「戦ってくれた選手たちを祝福しなければいけない。当然、ここには勝つために来た。しかしドローが妥当な結果だと思っている」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO