FOLLOW US

古巣を称えるエッシェン「タイトルを勝ち取るだけの力がある」

ラツィオ戦でプレーするエッシェン(右) [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランのガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、古巣であるチェルシーの好調ぶりに喜びを示している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日付けで『FIFA.com』に掲載された記事を紹介した。

 2005年にリヨンからチェルシーに加入したエッシェンは、8年半の間にプレミアリーグで2回、FAカップで4回、リーグカップで1回、チャンピオンズリーグで1回の優勝を経験した。2014年1月にミランへと移籍した同選手は、古巣の今季の戦い振りについて言及。ジョゼ・モウリーニョ監督が作り直した今のチームならば、全てのタイトルを獲得することができるだろうと語った。

「彼らはいつも通りうまく戦うだろうね。ジョゼは、自分のイメージに基づいてチームを再建した。そして今季は全てのタイトルを狙うはずだよ。彼らにはタイトルを勝ち取るだけの力が備わっている」

「チェルシーはこの10年間でヨーロッパでも有数の力を持ったクラブへと成長した。今後10年間は今の状態を保ち、戦い続けることが出来るだろうね」

 ミランは今夏の移籍市場で、チェルシーからスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得した。エッシェンはチェルシー時代のチームメートと再びプレーできることに喜びを感じているようだ。

「フェルナンドは最高のストライカーだ。きっとミランの力になってくれる。彼のゴールが僕たちを救ってくれるだろうね。試合だけでなく、練習のときから努力を怠らない選手なんだ。彼は常に100パーセントを与えてくれる。きっと多くのゴールを挙げてくれるだろうね」

 ミランは28日に、アウェイでセリエA第5節のチェゼーナ戦に臨む。

(記事/超ワールドサッカー)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO