FOLLOW US

マンC指揮官が契約延長を示唆…ランパード「決定するのはクラブ」

去就について語ったランパード [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cの元イングランド代表MFフランク・ランパードが、去就について自身の考えを述べている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 今夏の移籍市場で、来年からMLS( メジャー・リーグ・サッカー)に新規参入するニューヨーク・シティFCに完全移籍したランパードは、レンタルでマンチェスター・Cに加入。21日に行われたプレミアリーグ第5節、古巣・チェルシーとの一戦では途中出場から値千金の同点弾を奪った。

 この活躍を受けてマヌエル・ペジェグリーニ監督は、ランパードとの契約を延長する可能性を示唆していた。ランパードは自身の去就についてクラブの決定に従うとしながらも、プレミアリーグで戦っていける自信は持っていると語った。

「こういったことを決定するのはクラブだ。先走って考えることは良くないね。ただ、僕は激しいトレーニングを受けているし、それに見合ったプレーをしている。そういったことが重要なんだ。そして、そこから色々なことを判断して決定する。どちらにしても1月まではここにいる契約だ」

(記事/超ワールドサッカー)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO