2014.09.25

リヴァプールや長友所属のインテルなどがFFP違反か…UEFAの調査対象に

リヴァプール(上)とインテル(下)のサポーター [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)が近日中にFFP(ファイナンシャル・フェアプレー=支出が収入を超えないようにする制度)に違反している可能性のあるクラブの調査に乗り出すことが明らかとなった。24日のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 同紙によると、違反しているクラブはプレミアリーグのリヴァプールをはじめ、セリエAの日本代表DF長友佑都が所属するインテルとローマ、リーグ・アンのモナコであるとされ、罰金処分には科されないものの、チャンピオンズリーグの賞金獲得が保留になる可能性があるという。

 リヴァプールは2012-13シーズンに4980万ポンド(約87億円)の赤字を累計しており、FFPが設定している「2011年から2シーズンの赤字限度額が3540万ポンド(約62億円)を超えてはならない」という規則に違反している可能性がある。

 一方、UEFAは今シーズン開幕前にプレミアリーグのマンチェスター・Cとリーグ・アンのパリSG対し、FFP違反があったとして5000万ポンド(約88億円)の仮罰金処分を科している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る