2014.09.24

トップ下起用に言及するマンUのルーニー「僕には順応性がある」

レスター戦ではトップ下でプレーしたルーニー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが自身の起用法について語った。イギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

 今シーズンのリーグ戦4試合で、2トップの一角としてプレーしてきたルーニー。しかし、21日に行われたプレミアリーグ第5節のレスター戦ではコロンビア代表FWラダメル・ファルカオとオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが前線でコンビを組み、ルーニーはトップ下でプレーした。

 ルーニーは前線が最も自身に適したポジションであると主張しつつも、指揮官が望むのであれば、あらゆるポジションでプレーすると述べた。

「僕のプレースタイルは変わったと思う。若い時は、何度も走ってボックス内に入るためのプレーに多くのエネルギーを費やした」

「今はよりクレバーな選手になったと思う。いつボックス内に走りこむべきかをしっかりと判断できている。その結果、クラブのためにより多くのゴールを挙げている」

「僕は前線でプレーできる。でも、他のポジションでのプレーにも満足しているんだ。監督の望む場所で戦うよ。常に僕がベストだと思うポジションでプレーできるわけではないけど、僕には順応性がある」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る