2014.09.22

古巣チェルシーから劇的同点弾…ランパード「言葉が見つからない」

ランパード
古巣から得点したランパード(中央) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属する元イングランド代表MFフランク・ランパードは、古巣のチェルシーから奪った得点に複雑な心境を抱いている。大手メディア『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。

 13年間所属したチェルシーを昨シーズン終了後に退団したランパードは、新天地となるニューヨーク・シティを経由して、今夏から約半年間のレンタルで同じオーナーグループが所有するマンチェスター・Cに加入。そして、21日に行われたプレミアリーグ第5節で、移籍後初めてチェルシーと対戦した。

 チェルシーの1点リードで迎えた78分からピッチに立ったランパードは、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの折り返しに合わせてダイレクトボレーを決めた。この同点ゴールにより、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタの退場で数的不利となっていたマンチェスター・Cが1-1のスコアで勝ち点1を手にした。

 試合終了後、チェルシーで数々のタイトル獲得に貢献したランパードは、この試合での得点シーンを複雑な心境で振り返った。

「とても難しいね。僕はプロフェッショナルであろうとして、ボックス内に入った。そして、ミルナーからチャンスボールがきたんだ」

「(ゴールは)とても複雑だよ。これまで、僕はチェルシーファンとともに驚くべき13年間を過ごしてきた。様々な気持ちが入り混じっている。でも、チームとしてはドローで終えられたから、結果には満足しているよ」

「今の感情を表す言葉が少し見つからないね。ゴールできるとは思わなかったから。僕がチェルシーの前に立った時、チェルシーファンが僕のために歌ってくれたんだ。とても感情的になったよ」

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング