FOLLOW US

先制弾のエジル起用に指揮官「我々の信頼を示すことが重要だった」

アストン・ヴィラ戦で先制ゴールを挙げたアーセナルMFエジル(右)Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第5節が20日に行われ、アーセナルはアストン・ヴィラと対戦。3-0で勝利を収めた。試合後、インタビューに応じたアーセン・ヴェンゲル監督は、先制点を決めたドイツ代表MFメスト・エジルに言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督は試合前、直近のパフォーマンスに関して、一部で批判を受けているエジルについて「ファンは心配する必要はない。彼を支えてほしい」と信頼を口にしていた。実際に、試合で結果を見せたエジルに対し、「こんなに早くゴールを決めてくれてとても嬉しく思っている。彼がゴールを決めたのは大きかった」とコメントしている。

 エジルの起用については「プレーをさせないという考えはなかった。重要なのは、我々がエジルに自信を持っていると示すことだった。そして彼自身も、厳しい目の下で、結果を残せることを証明してくれた」と、不調のエジルを起用することで、まずは信頼を示すことが重要だったと語った。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO