2014.09.20

勝利には時間が必要と訴えるロジャーズ監督「魔法など存在しない」

ブレンダン・ロジャーズ
チームが軌道に乗るには時間が必要だと語るロジャーズ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、開幕から調子の上がらないチーム状況について語った。20日付の大手メディア『スカイスポーツ』が報じている。

 リヴァプールは、リーグ戦4試合を終えて2勝2敗の勝ち点6で、現在8位につけている。昨年の躍進もあって期待値は高いが、それに対しロジャーズ監督は「世の中に魔法の勝ち方など存在しない。トレーニングを積み重ねていくしか方法がないんだ」とチームが軌道に乗るまでには地道な努力が必要であることを訴えた。

 実際に昨シーズンにもあった出来事を振り返り「昨年のこの時期を覚えている。我々は会見場に座り、どのようにすれば得点を決められるかという質問を受けていた(昨シーズンの同クラブは開幕3連勝ながらすべて1-0での勝利だった)。しかしリーグ戦が終わってみれば101ゴールを決めていた。必要なのは時間と忍耐だ。昨シーズンの2、3、4月にプレーしていた方法は、昨年の9月には出来ていなかった。今年も同じことが起きる。私は、いつも好機はシーズンの後半に来ると言っていた。いつも段々強くなり、よくなっていくんだ」と今シーズンもチームが成長し優勝争いに絡むことに自信を覗かせている。

 第3節のトッテナム戦では3-0で勝利したものの、前節のアストン・ヴィラ戦で0-1の敗戦を喫したことについてロジャーズ監督は「トッテナム戦は傑出していたが、その後国際親善試合により複数の代表選手たちを失い、リズムが崩れた結果がアストン・ヴィラ戦に出てしまった。組み立て方を変えなくてはならない。アストン・ヴィラ戦ではゴール前でのプレーの質が十分でなかった。彼らは上手く守り、結果をつかんだ。我々はそこから動き出さなくてはならない」と、代表選手を多く抱えるビッグクラブならではの苦悩を語った。

 また、今夏はウルグアイ代表FWルイス・スアレスをバルセロナに放出した代わりに、FWマリオ・バロテッリなど、多くの選手がチームに加わった。新戦力について同監督は「我々には海外に適応しなくてはならない選手がいる。(監督が変わった)新しいチームではなくても、多少の時間が必要なのは自然なことだ。彼らが落ち着いて対処していて満足している。そして経験が彼らをもっと良くしてくれるだろう」と上手く適応していることを評価しつつ、更なる連携の向上を願っている。

 リヴァプールは20日、アウェーでプレミアリーグ第5節ウェスト・ハム戦に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング