2014.09.19

ヴェンゲル監督、サッカー人生最大の後悔はC・ ロナウドの獲得失敗

C・ロナウド
2003年、マンチェスター・U加入当初のC・ロナウド [写真]=Man Utd via Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、サッカー人生における最大の後悔として2003年に当時ポルトガル1部リーグのスポルティングに在籍していた現レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に失敗したことを挙げた。18日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。


 ヴェンゲル監督はアーセナルの公式スポンサーで中国の大手通信機器メーカー『ファーウェイ』が行ったファンとの 質疑応答で次のように語った。

「私の最大の後悔は、(当時18歳の)クリスティアーノ・ロナウドを獲得間近で逃してしまった事だ。獲得失敗は愚か、マンチェスター・Uに奪われてしまった。その後悔は今も残っている」

 さらに同監督は、チェルシーに所属する元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバについても、「彼がフランスでプレーしていた時(2004年)、彼がいい選手だと分かっていながら、彼の獲得に失敗した。彼は大一番で我々を痛めつけたし、彼がアーセナルに移籍していれば、状況は違っただろう」と、アーセナル相手に15試合15得点を決めたストライカーの獲得失敗についても言及。

 最高の補強に関しては、「私は最高の選手を挙げたりはしないが、ラウレンは誰も知らなかった逸材だったから 最高の補強だったと言える。彼は当初、右MFの選手だったが、私は彼を右DFで起用し、無敗優勝チーム(2003-04年シーズン)の一人となった」と、2000年から2007年までアーセナルに在籍し、黄金期を支えた元カメルーン代表DFを挙げている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング