FOLLOW US

本拠地デビュー戦で1G1Aのディ・マリア「この上ない喜び」

QPR戦で1G1Aの活躍を見せたディ・マリア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、14日に行われたプレミアリーグ第4節でQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)を4-0で破り、開幕4試合目にして今シーズンの初白星を手にした。同クラブに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、16日にイギリスメディア『スカイスポーツ』を通じて、本拠地オールド・トラフォードでのデビュー戦を振り返っている。

 新加入組のオランダ代表DFダレイ・ブリントやアルゼンチン代表DFマルコス・ロホとともに先発出場したディ・マリアは、24分にセットプレーから移籍後初ゴールを記録すると、58分にはスペイン代表MFフアン・マタの得点をアシスト。同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたディ・マリアは、ホームデビュー戦でのパフォーマンスに満足感を示している。

「オールド・トラフォードでデビューする日を心待ちにしていた。最高のパフォーマンスをみせることができたし、ゴールを挙げることもできたね。この上ない喜びでいっぱいだよ」

 また、今シーズンからマンチェスター・Uに加入したディ・マリアは、同クラブで元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏や元フランス代表FWエリック・カントナ氏、現レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらがかつて着用した背番号「7」を継承。数々の成功を手にした先人の活躍に、自身も続きたいと考えているようだ。

「この番号を背負ってプレーできるなんて嬉しいね。多くの偉大な選手たちがこの番号の入ったユニフォームを着用してきた。彼らの功績を汚さないためにも、できる限り最高のプレーを見せていきたい」

(記事/超ワールドサッカー)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO