2014.09.17

開幕4戦先発のスウォンジーDFアマト、ひざの負傷で6週間の離脱

アマト
スウォンジーのアマト(右)が負傷離脱 [写真]=Man Utd via Getty Images

 スウォンジーは16日、元U-21スペイン代表DFジョルディ・アマトが、ひざの負傷で6週間の戦線離脱となることを公式HPで発表した。

 アマトは、13日に行われたプレミアリーグ第4節のチェルシー戦に先発出場したが、前半にひざを痛め、ハーフタイムにアルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデスと交代した。試合後に行われた検査の結果、ひざの外側側副じん帯を損傷していることが判明。復帰には最低でも6週間を要する見込みだ。

 スウォンジーで2年目を迎えるアマトは、センターバックのレギュラーとして今シーズンのリーグ全4試合で先発出場し、開幕3連勝に貢献していた。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る