FOLLOW US

チェルシー、セビージャのU-21スペイン代表D・スアレスに興味か

チェルシーが獲得に興味を示しているセビージャのD・スアレス [写真]=Getty Images

 チェルシーがセビージャに所属するU-21スペイン代表MFデニス・スアレス獲得に興味を示していることが明らかになった。スペイン紙『マルカ』が12日に報じている。

 現在20歳のD・スアレスは2009年にセルタでトップチームデビュー。現在は2013年から保有権を持つバルセロナが、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ獲得交渉の一部として、セビージャに2年間のレンタル移籍をさせている。

 D・スアレスは昨シーズン、バルセロナBで36試合に出場し、今シーズンもここまで2試合に先発出場している。同選手は、すでに同年代の選手の中では抜きに出ている存在で、チェルシーは将来的に獲得することを計画。もっともバルセロナもこの逸材を簡単に手放す予定は無いが、チェルシーは長期的に観察を続けると伝えられている。

 D・スアレスは2011年にも、マンチェスター・C、チェルシー、トッテナム、バルセロナ、レアル・マドリードらが争奪戦を繰り広げた結果、マンチェスター・Cに移籍。現在もチェルシーを含め、当時興味を示していたクラブが虎視眈々とD・スアレスを狙っている模様となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO