2014.09.12

スタリッジ負傷で代表を批判するロジャーズ監督「防止できたはず」

スタリッジと会話するロジャーズ(左) [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、同クラブに所属するFWダニエル・スタリッジの負傷に関して、イングランド代表の対応に不満を見せている。イギリスメディア『BBC』が伝えた。

 イングランド代表に招集されていたスタリッジは、練習中に大腿部を負傷。5日に代表から離脱し、8日に行われたユーロ2016予選のスイス代表戦を欠場していた。13日に行われるプレミアリーグ第4節のアストン・ヴィラ戦への出場が危ぶまれている。

 ロジャーズ監督は、スタリッジのケガが未然に防げたものだったと主張。そして、ケガを引き起こさせたとして、イングランド代表を批判している。

「彼は今シーズン、非常に良いスタートを切っていた。それだけに、我々は彼が負傷して戻ってきたことを残念に思っている」

「彼のケガは防止できたはずだ。そのため、(代表の対応に)我々は明らかに失望している」

 リヴァプールは、13日に行われるプレミアリーグ第4節で、アストン・ヴィラと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング