2014.09.11

代表の副キャプテンに就任したDFケーヒル「大きな名誉だ」

イングランド代表で副キャプテンを務めるケイヒル [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するDFガリー・ケーヒルが、イングランド代表の副キャプテン就任に対する心境を語った。クラブ公式HPが伝えている。

 ブラジル・ワールドカップを終え、新たに始動したイングランド代表の副キャプテンに任命されたケーヒルは、3日に行われた国際親善試合のノルウェー戦と8日に行われたユーロ2016予選グループE第1節のスイス戦で、キャプテンのウェイン・ルーニーがピッチから退いた際にキャプテンマークを着けてプレーした。ケーヒルは、自身に与えられた役割の重要性について次のように述べている。

「監督が決断して僕に知らせてくれたんだ。もちろん感謝したし、光栄なことだよ。僕はただイングランドのためにプレーすることを楽しみにしている。ウェイン(・ルーニー)が出場していない時や彼を起用できない時に、キャプテンを務めることになるかもしれないということはボーナスみたいなものだね」

「それは大きな名誉だよ。イングランド代表のユニフォームを着てプレーすることですら大きな名誉なのだからね。ここ2試合では短い時間だけどキャプテンマークを着けることができた。素晴らしい瞬間だったよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る