2014.09.11

元マンUコーチのネヴィル氏「ベッカムは協会や政界入りも可能」

ベッカム
ネヴィル氏(左)がベッカム氏(右)について語った [写真]=Getty Images

 昨シーズンのマンチェスター・Uでコーチを務め、今夏からBBCのサッカー解説者に転職した元イングランド代表MFフィル・ネヴィル氏が、元同国代表主将のデイヴィッド・ベッカム氏について、サッカー協会か政界に入ることを予想した。10日のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 ベッカムは現在、米MLS(メジャーリーグ・サッカー)に参入予定のチームをマイアミに設立中だが、最近のインタビューで「常にイングランド代表に協力する意思を持って いる」と語ったことで、FA(イングランドサッカー協会)の幹部として招へいされる噂も浮上した。

 ベッカム氏とかつて同僚だったネヴィル氏は、「彼は達成したいことを達成できる人間だ。彼は政界に入ることだって可能だし、FAの幹部になることも可能だ。彼は人並みのことをする人間ではない。彼は遺産や形として残る事をしたがっている」と、語った。

 現在39歳のベッカムは過去にFAの大使役を務め、2012年のロンドン・オリンピック招致開催に貢献したほか、南アフリカ・ワールドカップでは補佐役としてイングランド代表に帯同した。

 ネヴィル氏はイングランド代表で通算115試合に出場し、GK以外のフィールドプレーヤーとして同国の最多出場数を誇るベッカムについて、「彼が今週、FAに携わりたいという話を聞いた。彼は素晴らしい大使なだけに、FAが彼の申し出を考慮しないなどということはないだろう」と、述べた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る