2014.09.07

チェルシーFWレミー、リヴァプール移籍破談に「自分でも分からない」

レミー
直前でリヴァプール移籍が破談になったレミー [写真]=Getty Images

 今夏の移籍市場でクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)からチェルシーに加入したフランス代表FWロイク・レミーが、リヴァプール移籍が破談になったことについて言及した。イギリス紙『デイリーメール』が6日に伝えている。

 レミーは今夏の移籍市場で、800万ポンド(約1400万円)のオファーを提示されたリヴァプールへの加入が内定していた。しかし、加入に向けたメディカルチェックで問題が発覚。結果、リヴァプール行きが破談となった。同選手は移籍が白紙に戻ったメディカルチェックについて次のように述べている。

「自分でも分からないね。健康診断で問題が見つかった?よく分からないよ。でも彼らがそういうんだから、そうなんだろうね」

 その後チェルシーへの移籍を完了させたレミーは、同クラブへの移籍理由も語った。

「僕はQPRに残りたいという気持ちが強かった。だけど、もっと高いレベルでプレーしたかったし、プライベートなことを考慮して、移籍を決断したんだ。それに、チェルシーは世界最高のクラブの1つだからね。僕はこのクラブと契約できて本当に満足している」

 また同選手は、チェルシーでスペイン代表FWジエゴ・コスタのバックアッパーとしての役割が求められている状況についても触れている。

「今の僕がファーストチョイスではないことは理解している。だけど、準備はできているんだ。ゴールを奪うよ。チェルシーにやってきてベンチから眺めるだけなんて嫌だからね。素晴らしい選手たちと一緒にプレーできるんだ。あとは成り行きに任せるよ」

 チェルシーは、13日に行われるプレミアリーグ第4節でスウォンジーと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る