FOLLOW US

レアルがW杯決勝の欠場を要請…ディ・マリア「手紙はすぐに破いた」

マンUでプレーするディ・マリア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・U所属のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、古巣レアル・マドリードに対してコメントした。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今夏にレアル・マドリードから移籍金5970万ポンド(約103億円)でマンチェスター・Uへ加入したディ・マリアは、今回の移籍が自ら望んだものではないことを改めて主張した。

「マドリードを離れたいとは思っていなかった。クリスティアーノ(・ロナウド)は残留のために僕を支えてくれていたよ。ただ、僕の放出はレアル・マドリードが費やしたものを回復させるために良いことだった」

 また、ディ・マリアはブラジル・ワールドカップに言及。準々決勝のベルギー代表戦で負傷し、ドイツ代表との決勝戦を欠場していた同選手は、レアル・マドリードから出場回避の要請があったことを明らかにした。

「試合当日の朝11時にレアル・マドリードから手紙が届いたんだ。僕は氷で足を冷やしているような状況だった。手紙はすぐに破いたよ。(欠場の決定は)アレハンドロ・サベージャが決めた。あの日の朝は本当に苦しんだよ。フットボール人生で最悪だった」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO