FOLLOW US

アーセナルが同性愛者のキャンペーンをサポート、選手が広告動画出演

キャンペーンをサポートするアーセナル [写真]=Getty Images

 アイルランドの大手ベッティング会社『パディ・パワー』が5日、サッカー界における同性愛者への偏見をなくそうというキャンペーンの広告動画にアーセナルの選手たちを起用した。複数のイギリスメディアが同日報じた。

 これは同性愛者の団体『ストーンウォール』がパディ・パワーと共に毎シーズン行っている『虹の靴ひも』キャンペーンで、今回は昨シーズンのFAカップ覇者アーセナルの協力を得ることに成功した。アーセナルの選手たちは9月13日にホームで行われるマンチェスター・Cとの大一番で、同性愛の象徴である虹色の靴ひもを付けてプレーする見込み。

 この動画にはイングランド代表のMFセオ・ウォルコットとMFアレックス・チェンバレン、クラブ主将のスペイン人MFミケル・アルテタ、スペイン代表MFサンティ・カソルラ、フランス代表FWオリビエ・ジルーら5人が参加しており、それぞれ「僕が○○であることは変えられない」と述べている。

 キャンペーンについてアルテタは、「僕らはキャンペーンを支援できることをとてもうれしく思う。広告は僕らが変えられないことに関して陽気な感じの仕上がりになっているけど、サッカー界においての差別は許されないし、僕らは協力してこの偏見を変える必要がある」と話した。

 今年1月に自身が同性愛者であることを告白した元ドイツ代表のトマス・ヒツルスペルガーも同キャンペーンを支援しており、「私は虹色の靴ひもキャンペーンでストーンウォールと共に活動できることを誇りに思う。私は、同性愛者でありサッカー選手であることが普通のことであると示したい」

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO