FOLLOW US

難攻不落のエティハド陥落…マンチェスター・Cが今季初黒星

マメ・ビラム・ディウフの一発に泣いたマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第3節が30日に行われ、マンチェスター・Cとストーク・シティが対戦した。

 前節、昨シーズンのリーグ戦で熾烈な優勝争いを演じたリヴァプールとの強豪対決を制して、開幕2連勝を飾ったマンチェスター・C。今節は圧倒的な強さを誇るエティハド・スタジアムにここまで未勝利のストーク・シティを迎え、開幕3連勝を狙った。

 リヴァプール戦からのメンバー変更は3点。パブロ・サバレタ、ガエル・クリシーの両サイドバックに代わって新戦力のバカリ・サニャ、アレクサンダル・コラロフが入り、エディン・ジェコに代わってエースのセルヒオ・アグエロが今季初先発を飾った。

 試合開始直後から自陣に引いて堅固なブロックを築くストーク・シティに対して、マンチェスター・Cが相手陣内でボールを保持する形が続いていく。12分には右サイドを上がってきたサニャのマイナスの折り返しをボックス内で受けたサミル・ナスリがフリーでシュートを放つが、このシュートはGKアスミル・ベゴヴィッチの正面を突いた。

 その後も80%を超えるボール支配率で押し込むマンチェスター・Cだったが、相手の粘り強い守備を崩しきれない。すると、30分過ぎにマンチェスター・Cはアクシデントに見舞われる。グレン・フィーランとの接触でそ径部を痛めたフェルナンドが、38分にフェルナンジーニョとの交代でピッチを後にした。

 この負傷交代で動揺したのか、その後も攻め手のないマンチェスター・Cは、前半アディショナルタイムにコラロフのグラウンダーのクロスからヤヤ・トゥーレに決定機が訪れたが、このシュートはクロスバーを叩き、前半はゴールレスで終了した。

 後半も圧倒的にボールを保持するマンチェスター・Cは、56分に相手ボックス付近でのボール奪取からナスリの丁寧な折り返しをボックス右のヤヤ・トゥーレがシュートするが、ここはGKベゴビッチのファインセーブに阻まれた。

 後半立ち上がりのチャンスを逸したマンチェスター・Cは、この直後にまさかの失点を喫する。58分、CKからカウンターを浴びたマンチェスター・Cはマメ・ビラム・ディウフに独走を許すと、最後はフェルナンジーニョとGKジョー・ハートが立て続けに股を抜かれ、ゴールネットを揺らされた。

 ホームで先制を許したマンチェスター・Cは63分、ナスリとステファン・ヨヴェティッチをベンチに下げてMFヘスス・ナバス、ジェコを投入する。さらに、後半から攻守に良い働きを見せていた相手のピーター・オデムウィンギーが負傷交代したことで、反撃ムードが高まる。

 後半の半ばから終盤にかけてリスクを冒した猛攻を仕掛けるマンチェスター・Cは、70分にドリブルでDFを引き離したアグエロがボックス左で決定的なシュートを放つが、このシュートは相手DFのブロックに遭う。

 その後もダビド・シルバを起点としたダイレクトプレーで相手の堅守攻略を目指すマンチェスター・Cだが、ゴールが生まれない。87分にはボックス内で相手と接触したヤヤ・トゥーレがピッチに倒れ込むが、主審のリー・メイソンはヤヤ・トゥーレのシミュレーションと判定。最後までストーク・シティのゴールをこじ開けることができなかったマンチェスター・Cは0-1で敗戦。開幕3戦目にしてまさかの今季初黒星を喫した。

【スコア】
マンチェスター・C 0-1 ストーク・シティ

【得点者】
0-1 58分 マメ・ビラム・ディウフ(ストーク・シティ)

(記事/超ワールドサッカー)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA