2014.08.26

リヴァプール移籍のバロテッリ、古巣との試合をスタンド観戦

バロテッリ
リヴァプールの試合をスタンド観戦したバロテッリ(中央) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第2節が25日に行われ、マンチェスター・Cとリヴァプールが対戦した。今夏の移籍市場でリヴァプールへ加入したイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、同試合をスタンドで観戦している。



 バロテッリは25日、日本代表MF本田圭佑が所属するミランからリヴァプールへ長期契約で移籍。その後、同日に行われたリヴァプールの試合を見るため、約1年半前まで在籍していた古巣マンチェスター・Cの本拠地エティハド・スタジアムを訪れた。

 バロテッリはリヴァプールの公式サイト上で「プレーしたいが、それは無理だから、スタンドから支えたい」とコメントしていたが、試合は3-1でマンチェスター・Cが勝利を収めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る