2014.08.24

ジエゴ・コスタの2戦連続弾でチェルシーが開幕2連勝

2戦連続ゴールでチームを開幕2連勝に導いたジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第2節チェルシーvsレスターが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが2-0で勝利した。

 チェルシーは開幕節の昇格組バーンリー戦をセスクやジエゴ・コスタら新戦力の活躍などにより、3-1の逆転勝利を収めた。好スタートを切ったチェルシーのモウリーニョ監督はその試合と同じスタメンを起用し、開幕2連勝を目指した。

 立ち上がりから地力に勝るチェルシーがポゼッションしていく。キープ力と突破力に優れる2列目の3人に、セスクが絡んでアクセントを付けにかかった。そして、オスカルやシュールレがミドルシュートを打っていく。

 一方、[4-4-2]の3ラインを形成しながらチェルシーの攻撃を受け止めるレスターは、自陣に押し込まれるだけでなく、丁寧にボールをつないで攻撃に転じていく。そして、サイドから高さのある2トップを目掛けてシンプルにクロスボールを上げ、チェルシーをけん制。

 32分には、マフレズがキレのある動きから反転して枠を捉えるミドルシュートを放ち、GKクルトワを強襲した。その後もチェルシーの攻撃を加速させずにうまく試合を進めたレスター・シティがゴールを割らせることなく、前半をゴールレスで終えた。

 迎えた後半、チェルシーが攻撃のギアを上げて攻勢をかけていく。開始3分にオスカルが右ポスト直撃のシュートを放てば、直後にもイヴァノヴィッチがヘディングシュートでGKシュマイケルを強襲。52分にカウンターからニュージェントに決定的なシュートを打たれたものの、ここはGKクルトワが好守で凌いだ。

 その後もチェルシーが猛攻を仕掛け、54分にはジエゴ・コスタの丁寧な落としをオスカルがシュートに持ち込むと、直後にはイヴァノヴィッチが強烈なミドルシュートをGKシュマイケルに浴びせる。再び55分にカウンターからニュージェントに決定機を許したチェルシーだったが、チェルシーの新守護神GKクルトワが好守で再び防ぐと、57分にはスルーパスに抜け出したセスクがチップキックシュートでゴールに迫る。

 これはGKシュマイケルの再三の好守に阻止されたものの、63分にチェルシーがゴールをこじ開けた。オスカルのスルーパスを受けたイヴァノヴィッチがボックス右でDFをうまくかわし、中へ丁寧にクロス。これを受けたジエゴ・コスタがDFの寄せに遭いながらも、泥臭くゴールへ押し込んだ。

 その後、シュールレに代えてラミレスを投入し、守備の強度を上げたチェルシーは、ボールを回して試合をコントロール。そして77分、左サイドでボールを持ったアザールがカットインから右足で放ったシュートが、DFにかすかに当たってコースが変わり、GKシュマイケルの牙城を破った。

 2-0として余裕のチェルシーは、80分にジエゴ・コスタに代えて、スタンフォード・ブリッジに帰ってきた英雄ドログバを投入。そのまま危なげなく勝利し、開幕2連勝とした。

【スコア】
チェルシー 2-0 レスター

【得点者】
1-0 63分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
2-0 77分 エデン・アザール(チェルシー)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る