2014.08.23

イングランド代表のホジソン監督、若手選手の海外移籍を奨励

ホジソン
若手の海外移籍を奨励するホジソン監督 [写真]=Getty Images

 イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は、自国の若手選手が海外でプレーする機会を増やすべきとの主張を展開した。FA(イングランドサッカー協会)公式HPがコメントを伝えている。

 ブラジル・ワールドカップでグループステージ敗退に終わったイングランドは、代表メンバー全員が国内クラブに在籍していた。大会後もイングランド代表を指揮することが決定しているホジソン監督は、代表チームの強化のために、自国の若手選手が海外で出場機会を得なければならないとの持論を展開した。

「我々には、才能溢れる若手選手が何人か存在する。彼らのいるイングランドの未来は明るい。だが、必ずしも彼らが国内でプレーしなければならないというわけではない」

「私が言いたいのは、自国の選手がベンチでプレーできない状態ならば、海外のチームに移籍して出場機会が得たほうが良いということだ。それは代表チームの監督として願っていることでもある」

「選手個人にどうするべきかを話すことは私の仕事ではない。しかし、海外でプレーする機会を増やせば、それが選手たちのレベルアップに繋がるはずだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る