2014.08.22

リヴァプールで自信を取り戻したコウチーニョ「家族のようなクラブ」

コウチーニョ
ドルトムントとのプレシーズンマッチでプレーするコウチーニョ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、同クラブで自信を取り戻したと感じている。クラブ公式サイトがコウチーニョのコメントを掲載した。

 2012-13シーズンの途中にインテルからリヴァプールに加入したコウチーニョは、またたくまにプレミアリーグに順応し、2013-14シーズンはリーグ戦で33試合に出場するなど主力として活躍。チームを2位に導く原動力となった。

 この活躍が認められたコウチーニョは、来月に行われるコロンビア代表戦、エクアドル代表戦に向けたブラジル代表メンバーに選出。自身にとって、2010年10月以来となるセレソン入りを果たした。

 クラブの公式サイトで、コウチーニョは「自信を取り戻すことができた。選手としてそれは重要なことなんだ」と語り、次のように続けた。

「選手は自分に自信を持っているときにベストなプレーができる。ファーストチームで連続してプレー機会が与えられたことが僕の助けになった。リヴァプールは本当に家族のようなクラブだ。ここに来た当初から温かく迎え入れてくれた」

 またコウチーニョは、リヴァプールでキャプテンを務めるイングランド代表MFスティーブン・ジェラードから多くのことを学んでいるとも明かした。

「キャプテンのジェラードのように偉大な選手とプレーすることは、僕が学ぶ上で大きく役立っているよ。彼らは謙虚で懸命に取り込んでいる。その姿から学んでいるんだ。今の僕は絶えず成長して改善しようとしている。フットボールの世界には常に競争があるけれど、そこで常に成長しようとすることが大事なんだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る