2014.08.12

リヴァプール、チェルシー退団のFWエトー獲得を検討か…英紙報道

エトー
昨シーズン限りでチェルシー退団したFWエトー [写真]=Getty Images

 リヴァプールが、昨シーズン限りでチェルシーを退団したカメルーン代表FWサミュエル・エトーの獲得を狙っていると、イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 リヴァプールはフランス代表FWロイク・レミーの獲得がほぼ決定していただが、メディカルチェックで問題が発生し破談。そのため新しいFWの獲得候補を探しており、ブレンダン・ロジャーズ監督がエトーを候補にリストアップしたと報じられた。

 また、リヴァプールはモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオも獲得を狙ったが、レアル・マドリードへの移籍が濃厚だと判断しており、スウォンジーに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーについては、高額すぎるとして獲得への動きを見送っているとしている。

 今夏リヴァプールは、エースのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナへ移籍。サウサンプトンからイングランド代表FWリッキー・ランバートを獲得しているが、チャンピオンズリーグへの出場権を獲得したリヴァプールは、さらに新しいストライカーの獲得に向けて動いている模様となった。

 昨シーズン限りでチェルシーを退団したエトーには、アヤックスやインテルなども獲得の興味を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る