2014.08.11

負傷中のトッテナムDFウォーカー…プレミア開幕にも間に合わずか

ウォーカー
本格復帰が待たれるウォーカー [写真]=Getty Images

 トッテナム所属のイングランド代表DFカイル・ウォーカーが、負傷のため、新シーズンの開幕に間に合わない可能性が浮上しているようだ。イギリス紙『デイリースター』が11日に伝えている。

 骨盤を負傷しているウォーカーは、3月13日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグのベンフィカ戦を最後にチームを離脱していたが、先日行われた日本代表DF内田篤人が所属するシャルケとのプレシーズンマッチには45分間のみの出場を果たしている。

 しかし同紙によると、当初、重傷ではないと見られていた骨盤の負傷は未だ完治には至っていない模様。トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が「間もなく回復することを信じているが、彼には安静を与える必要がある。来週に間に合うかどうか、明言することは難しい」とのコメントを残しており、プレミアリーグの開幕戦に間に合わない可能性が出てきたことを明かした。

 現在24歳のウォーカーは3月の負傷以前、2013-14シーズンのプレミアリーグで26試合に出場するなど、トッテナムの主力として活躍を見せていた。イングランド代表においても、ブラジル・ワールドカップ行きが濃厚と見られていたが、最終的なメンバーからは外れている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る