2014.08.10

チェルシー、次のターゲットはパリSG所属の若手MFラビオか

ラビオ
チェルシーが獲得に乗り出したとされるパリSGのMFラビオ [写真]=Getty Images

 イギリス紙『エクスプレス』は、チェルシーがパリSGに所属するU-21フランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得を画策していると報じた。

 チェルシーは先月、ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得を狙っていると伝えられたが、6000万ポンド(約102億7000万円)という高額な移籍金がネックとなり、交渉は破談に終わったと伝えられている。

 そうしたなか、チェルシーが次なるターゲットとして選んだのが19歳のラビオだという。同選手は現在、パリSGと2015年夏まで契約を残しているが、給与面の不満と出場機会を求めていることから、契約延長の交渉が難航している。そのため、チェルシー移籍もあり得るだろうと同紙は伝えている。

 また同メディアによれば、チェルシーはすでに700万ポンド(約12億円)のオファーをパリSGに拒否されたものの、1000万ポンド(約17億1000万円)のオファーを再提示する構えだという。

 19歳ラビオには、チェルシーの他にユヴェントスやミラン、ローマ、アーセナルが獲得に関心を示していると伝えられている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る