2014.08.07

プレミアリーグが新シーズンに向け、バニシングスプレー2000本を発注

ブラジルW杯で使用されたバニシングスプレー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグが、導入を決めたバニシングスプレーを、2014-15シーズンに備えて2000本発注したと、イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 1分以内に消える白い泡状のバニシングスプレーは、フリーキックの際にボールの位置と相手選手が作る壁の位置をマークするために使用され、規定の10ヤード(約9.15メートル)保たせることができる。ブラジル・ワールドカップで使用され注目を浴びていた。7月31日にプレミアリーグも2014-15シーズンから同スプレーを導入することを公式ツイッターで発表している。

 スプレーは『915 Fair Play Limit』によって生産されたものを発注しており、ブラジル大会で使用されたものと同じものがプレミアリーグで使われる。また同紙は以前、スプレーが1つ約3ポンド(約517円)かかると伝えており、今回、新シーズンのためのスプレー代に約6000ポンド(約103万円)をかけた計算となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る