2014.07.31

W杯で活躍のバニシングスプレー…プレミアリーグでも導入を発表

ワールドカップで活躍したバニシングスプレー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグは、2014-15シーズンの全試合にバニシングスプレーを使用することを発表した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 1分ほどで消える泡状のスプレーであるバニシングスプレーは、主にFKの際にキッカーと壁との距離が適切かどうか判断するのに役立っており、これまで主に南米の試合で使われてきた。

 今年6月に開催されたブラジル・ワールドカップで使用されると、UEFA(欧州サッカー連盟)は新シーズンのチャンピオンズリーグでの採用を決定。さらに、セリエA、リーガ・エスパニョーラも導入することを発表している。

 なお、バニシングスプレーは1缶につき3ポンド(約522円)のコストがかかると見られている。ブラジル・ワールドカップでは、計320缶が使用されたようだ。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る