FOLLOW US

古巣アーセナルと対戦するアンリ「トレーニングする様な奇妙な感覚」

古巣アーセナルのヴェンゲル監督と談笑するアンリ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 NYレッドブルズに所属する元フランス代表FWティエリ・アンリが、26日に行われるアーセナルとの親善試合を前に、古巣との対戦について語った。アーセナル公式HPがコメントを伝えている。

 アンリは8シーズンの間、腕を通していたアーセナルのユニフォームについて以下のように語っている。

「(アーセナルの)ユニフォームを着ることは、僕にとって名誉だった。それを理解したのは僕がクラブを去った時、そして7試合か8試合のために復帰した時だった。アーセナルのユニフォームを着ることは最も重要なことで、信じられない気持ちだよ」

 そして同選手は、古巣と対戦する気持ちを以下のように明らかにした。

「奇妙な感じだが、(アーセナルとの対戦は)トレーニングのような感覚になると思うよ。オフシーズンに彼らと練習したことがあるからね」

 さらに、アメリカのファンや選手たちにとって同クラブとの対戦は貴重なものだとコメントしている。

「アメリカのファンが、アーセナルの試合を見ることができるのは嬉しいことだ。そして選手たちがアーセナル相手に戦えることも嬉しいよ。以前エミレーツカップでアーセナルとプレーしたときにいなかったメンバーが何人かいるからね。アーセナルのようなチームとプレーできるのは素晴らしいことだよ」

 モナコの下部組織でプレーしていたアンリは、当時同クラブを率いていたアルセーヌ・ヴェンゲル監督に抜擢され、1994年にトップデビュー。ユヴェントスを経て、1999年にアーセナルに加入し、再度ヴェンゲル監督の下でプレーすることとなった。アーセナルでの8シーズンで通算372試合に出場し228ゴールを記録している。2007年にバルセロナへ移籍し3シーズンを過ごした後、2010年に渡米しNYレッドブルズでプレーしている。2011-12シーズンには、アーセナルに短期レンタルで復帰し、公式戦7試合で3ゴール挙げている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO