2014.07.23

新加入選手への期待を語るロジャーズ監督「誰もがキープレーヤー」

ロジャース
記者会見に出席した地ヴァプールのロジャーズ監督  [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、今夏の移籍市場で獲得した4選手への期待感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 リヴァプールは今夏の移籍市場で、サウサンプトンからイングランド代表FWリッキー・ランバート、同代表MFアダム・ララーナ、レバークーゼンからドイツ人MFエムレ・カン、ベンフィカからセルビア代表FWラザル・マルコヴィッチを獲得した。4選手は、現在行われているアメリカツアーに参加している。

 23日にボストンのフェンウェイ・パークで行われるローマとの親善試合に向けた記者会見で、ロジャーズ監督は新加入選手についての評価を以下のように明かした。

「(ブラジル・ワールドカップに参加していた)リッキーは、1週間も早く休みを切り上げてチームに合流した。空中戦は彼の得意分野で、ボールタッチも繊細だ。彼と共に戦えることを嬉しく思っている。今はチームにうまく順応しているところだ」

「アダム・ララーナは素晴らしい才能の持ち主だ。この2年間、彼はプレミアリーグで素晴らしい成績を残している。ハングリー精神を持っていて、リヴァプールのために力を尽くしてくれるだろう。トレーニングに励む彼の姿勢には感心させられる。技術面、戦術面で成熟しているが、それでも飽くなき向上心を持っている」

「エムレ・カンも素晴らしい才能を持っている若者だ。彼はレフトバック、センターバック、ライトバック、そして中盤のあらゆる位置でプレーが可能だ。素晴らしい才能を持っており、力や技術もある」

「マルコヴィッチも若い選手だが、素晴らしい才能を秘めている。私好みのプレーヤーだ。一対一の場面を作り出し、状況を打破する力を持っている。今は一生懸命にトレーニングをこなしていて、攻撃時だけでなく守備時にもボールを追いかけるように努力している。それは最も重要なことだ」

「誰もがキープレーヤーとなれる選手だ。ここにはハングリー精神を持った多くの選手が在籍している。そういった選手たちが、リヴァプールのために戦いたいと思ってプレーしているのだ。さらに技術だけでなく戦術や個人能力も高い。新加入選手の活躍に期待しているよ」

 現在アメリカツアー中のリヴァプールは、インターナショナル・チャンピオンズカップに参加し、27日にシカゴでのオリンピアコス戦、30日にニューヨークでのマンチェスター・C戦、8月2日にシャーロットでのミラン戦を迎える。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る